ちゃみーのひとりごと

アラサー毒舌女子ちゃみーの大きな独り言

彼氏はバツイチです②

今回は彼との出会いのお話。

今から約2年前の12月。
友達と出会いがないねーと言う話から、自分達から出会い求めに行こうと言う話になり、街コンへ行くことになりました。

良さげなレストランで行われた街コンでは、男女それぞれ何グループかに分かれ、男性陣が10分ほどしたら、横のグループにずれて行くというお決まりのやつ。

そして、その2回目の男性陣移動のときに彼が私のグループに来ました。
他の男性陣がおどおどと頼りない中、彼だけはしっかりしており、「じゃあまず男性陣から自己紹介しよっか~」など上手に仕切ってくれていました。 

(仕切るのって一番面倒くさいのに、率先してやってて偉いな~)

それが彼の第一印象でした( ^ω^ )
私も大抵は彼のように仕切る役に就くことあるんですけど、このときは面倒だから彼に任せちゃおと甘えていました。



気付けば彼と隣同士。(ちなみに、この街コンは立食スタイルでしたので、皆輪になって話してました)
二人して壁際にいたのですが、その壁の表面がチクチクしているみたいで、お互い自分の着ていたニットに微妙にひっかかるのが気になる気になる笑。

「ニット、壁にひっかかるの気になりますよね笑」

的な感じで話しかけたのが私。
すると、彼も

「寄りかかるに寄りかかれないね~笑」

という風な感じで明るく返してくれました。
これがお互いの初コンタクトでした!